IT業界で働く人のやりがい

IT業界で働くひとのやりがいというのは個人個人で様々あると思いますが、特に技術職で何かを作り上げることが仕事の人たちはやはり自
分の技術や力で何かを作り上げる、というのがやりがい、モチベーションになっているようです。そういった人たちは職人気質な人も多いので、自分のスキルアップに余念がありません。IT業界の流行り廃りはすぐ変わるので、流行っているからというやり方、技術を身につけてもあっという間にそれが古いものとなり使えなくなる、ということがたくさんあります。そうした中で常に自分でアンテナを張り、自分の技術を高めていくのはいくら仕事だからと言ってもそう簡単に、そして長く続けられるものではありません。ですので、この仕事が好きであるかということが重要になってきます。好きこそものの上手なれ、とはよく言ったものですが、まさにこの言葉に尽きるのだと思います。IT業界の仕事は裁量労働制が適している分野とは言え、実際には労働の拘束時間も長いし顧客あっての仕事なので納期というものがあります。それを守りながらの仕事になるのでとてもハードです。ですのでその中でもこの仕事が好きでやりがいを感じることが出来なければ続けていくのは難しいでしょう。特に最近ではスマートフォンのアプリを作るエンジニアが業界でも人気ですがそれだとユーザーの声がダイレクトに伝わるので、自分の作ったものに対しての反応がすぐわかりやりがいに通じるということもあるようです。どんな仕事にも共通しますが、自分の仕事が好きであることはやりがいを得ることにとても大切なことだと思います。

Theme by RoseCityGardens.com