ITフリーランスのメリット・デメリット

まず、ITフリーランスとは何か。ITフリーランスとは、特定の会社・企業、組織に属さず、自分のスキル・経験・知識を使って、個人で勝負する、「個人事業主」または、「個人企業法人」のことをいいます。
では、今なぜそのITフリーランスが注目されているのか?答えは簡単。不況とIT技術の進歩です。不況で、仕事はない、やっと企業に就職できても、やりがいがない。そういった人はこの世の中多いことでしょう。もっと自分を出せる仕事がしたい。やりがいのある仕事がしたい。これは誰もが思うことなんじゃないでしょうか。
そう思うことこそが、ITフリーランスへの第一歩なのです。上司や人間関係にとらわれず、自分の能力でやりがいのある仕事をする。それがITフリーランスなのです。
しかし当然メリット・デメリットはあります。メリットとしては、前に書いたように、自由度が増し、自分の得意分野ですから、やりがいも増すでしょう。問題はデメリットです。まず個人ですから、責任は全て自分に降りかかってきます。そんなのが怖くてITフリーランスができるか!と言われればそうですが、デメリットは他にもあり、自分の持ってる資格や得意分野がお金になるとは限らない。ということです。よって勿論、収入も安定しません。また、将来性が保障されているわけでもありません。
これを聞くと、やはり、普通の企業で仕事していたほうがいいじゃないかという結論に達する人もいるでしょう。
IT技術の進歩により、誰でも個人事業主になれる時代。しかし、そのメリットと、デメリットをきちんと把握して、ITとの良いお付き合いをしていくことが、成功のチャンスかもしれませんね。

Theme by RoseCityGardens.com